ご挨拶

■ほうきソムリエのご挨拶 【2008年2月17日】

こんにちは!店長兼、“ほうきソムリエ”(^^♪の木下です。
昭和40年2月7日(お昼のサイレンと同時に・・・^^;)にほうき屋の長男として、福岡県浮羽町に生まれました。
幼少の頃からやんちゃで、外科や整骨院通いの絶えない子どもでした、が一方ではマンガや絵を描いたり、自分で遊び道具や秘密基地を作ったりするクリエーター?(>_<)でもありました。

父は、家業についての後継ぎの話とかはしたことがなく、仕事や自分自身の苦労話なども一切言わない人でしたが、それでも父の生い立ちや仕事で頑張っている様子などは、母が事あるごとによく話してくれておりました。その頃からすでに自分でも気づかないうちに、ほうき屋の後継ぎとしての意識を芽生えさせ(洗脳?)始めていたのかもしれませんね。

そんな両親のおかげで現在は、会社の代表を務めながら、父の作る棕櫚ほうきの仕上げ作業の責任者をしております。

当店の棕櫚ほうきは、一本一本が手作りですので、製作し始めてからお客様にお渡しできる商品になるまでに少なくとも二週間くらいの時間を要します。一本でも一人でも多くの方に、一日でも早くこの棕櫚の良さを知っていただきたい想いで頑張っておりますが、申し訳ありませんが、このスピードだけは早めることはできません。

ある程度の在庫は準備しておりますが、ご注文が集中した際には、お時間をいただくことになりますので、どうぞご理解いただきますようお願い申し上げます。m(__)m

また、クマデ・土間ほうき・デッキブラシなどの清掃用品も自社工場で製造いたしておりますので、外回りのお掃除の際も是非ご利用ください。

 


使ってください 本物を。



感じてください まごころを。




まごころ工房 棕櫚の郷

ほうきソムリエ 木下 宏一

注意書き(送料について)

※沖縄県及び離島はお問い合わせください。

お買物手引き

チーム・マイナス6%

バナー
当サイトはリンクフリーです。